満月の日、東北関東大震災に思うこと

震災後、言葉を失い何日も経ってしまいました。
もう泣けちゃって・・・。
この度の震災でお亡くなりになった方にお悔やみと、被災された方にお見舞申し上げます。
そして不眠不休で業務に携わる方にお礼申し上げます。

今、世の中は不安なことばかりで一杯。
今日のニュースはホウレン草や牛乳の放射性濃度の値が繰り返され報道されています。
あまりにも農家や酪農家が可哀想すぎます。
農家を営む北海道の友人からも泣いて電話がかかってきました。
これからどうしたら良いのか、何も出来ないもどかしさに心痛みます。
私もどれだけ食材のお世話になっていることでしょう!!
魚だって漁師の人たちが命をかけて都会の胃袋を満たしてくれていたのです。
魚も野菜も肉も全部、人と自然が育んだもの・・・この恩恵が当たり前になりすぎました。

ちょっと考えを楽にしたいと思います。
電気もガスもガソリンもあらゆる食材も、今まで本当にありがとうございました。
これからは無駄にすることなく、みんな大切に使おうよ!
理想は物々交換、レストランだからと言って食材廃棄はもう時代遅れ。
人の意識をかえてやり方をかえれば、可能な気がしてきた!
NE大倉もこの船に乗るよ、あなたと共に。

今年、一番大きい満月の日に思いを込めて。 3月19日