お料理教室の生徒さんからのご質問より

4月のお料理教室にご出席されたNさんからのご質問にお答えいたしますね。
ご本人にはすでにお答えしたのですが、参考までにご覧下さい。
失敗しない飛龍図の作り方(がんもどき)をテーマにしましたが、失敗しちゃったとのことです・・・。
以前に他の方からもうまく揚らないということを聞いていましたが、私の経験上失敗には原因があると思うのです。
まず
豆腐の選択 特別な豆腐ということではなく、絹と木綿の中間のものではなく硬めの木綿豆腐をお求め下さい。
豆腐の水切り しっかり水気を切らないと水分が残り、カラッと揚りません。
具材の選択 多すぎても豆腐からはみ出して揚りがキレイに行きません、豆腐にからむ様な切り方もポイント。
山芋について 入れる量で硬さが変わります。沢山入れると美味しくなるかなと思いがちですが、揚げ物に関しては
入れすぎは禁物、軟らかくなりすぎてだれてしまいます。それが焼き物だと(例えば お好み焼き)軟らかくて美味しくなるのですが、調理法でかなり違いが出るものですね。
油の温度は 野菜を揚げる温度より少し高め、高すぎると表面だけ焦げてしまいますので要注意!
成形の大小 最初は小さめに成形すると揚げやすいです。それと部屋の温度にもよりますが、少し冷蔵庫で寝かせるとよくまとまります。

それにしても皆さん、すぐ作っているらしいのです。
本当に頭下がります。
本当に有難うございます。
またご質問くださいね!
5月のお料理教室はNさんからのリクエストです。
お料理教室のページをご覧下さい。